例えば、大学生とかになると上京して一人暮らしを始める人が一気に増えますが、一方で実家から通学している人もいると思います。

そういった感じで世の中には一人暮らしをしている人と実家暮らしをしている人がいますが、キャッシングやカードローンの審査に通る確率で言えば、実家暮らしの方が高いと言えると思います。どうしてそういったことになるのか?というと、これは単純な話で、実家に住んでいれば家賃がかからないはずですから、出費が少なくなるからです。

出費が少ないということは、収入の中で返済に回すことができるお金が増えるため、キャッシングやカードローンの会社としても安心してお金を貸すことができるのではないか?とされているのです。

家賃がかかるか?どうかというのは結構大きな差で、1ヶ月に数万円の差かもしれませんけど、それが何ヶ月も続くと大きな金額の差になりますから。家賃がかかるか?かからないか?というのは審査において重要な要素になるのは間違いないので、実家に住んでいる人の方がお金を借りられる確率が上がるということになると思います。自分が実家に住んでいてお金を借りたいときには、絶対に審査に通るなんてことはありませんけど、少しは自信を持っても良いかもしれません。