消費者金融系のキャッシングサービスはアルバイトやパートタイムでお仕事をされている非正規雇用の方からの申し込みも受け付けています。

このため、消費者金融系のキャッシングは非正規雇用で働いている方でも融資が受けられるとして人気の高いサービスとなっています。

経済的に不安定だと見なされることの多い非正規雇用で働く方でも利用できることから、消費者金融系のキャッシングでれば誰でも融資を受けられるのかと言えば、それは大きな間違いです。

審査に通らなければ正規雇用で働いている方であっても消費者金融のキャッシングを利用することはできません。

実際に消費者金融のキャッシング審査に落ちている方もいらっしゃいます。消費者金融のキャッシング審査に落ちてしまう原因のひとつとして考えられるのは、既に他の消費者金融からの融資を受けられており、その借入額が年収の3分の1を超えてしまっていることです。消費者金融のキャッシングでは申請者は年収の3分の1までしか融資を受けられない決まりがあるのです。

総量規制という決まり事ですが、総量規制は1社ごとではなく複数の消費者金融に渡り適用されるので注意が必要となるのです。このため、既に消費者金融から融資を受けられている方が、新規に消費者金融に申請する場合、年収に占める借入額の割合を正確に把握しておくことが求められるのです。