キャッシングで借りたい時には、タイミングを見計らう方が良い事が多いです。基本的には1年目になっているかどうかが、1つのポイントになってきます。

そもそもキャッシングでは、申し込み時に様々な年数を伝える事になります。例えば、居住年数などを申込書に記入する事になるでしょう。わざわざその情報を記入する以上は、もちろんキャッシング審査に関わってくる訳です。

また居住年数だけでなく、会社で勤めた年数なども同様です。基本的には、どちらも長い方が有利になる傾向があります。

というのも金融会社としては、返済力を重視する傾向があるのです。ある程度1つの会社で長くお勤めの方は、それなりに返済力が大きいと見なしますから、審査に通りやすい傾向があります。

それで大抵の金融会社では、1年を1つの目安として設定しているのです。勤続年数が1年未満では審査に通りづらいですが、1年を経過した方々などは、それなりに通りやすくなる傾向があります。居住年数なども同様です。

したがってまた年数が半年の時などは、急いでキャッシングの申し込みをしない方が良い場合があります。むしろ1年目を迎えたタイミングあたりで、申し込みを行うと良いでしょう。時期を見計らうのは、それなりに大切なのです。